100%天然素材の無添加石鹸こそが”無添加”であることの魅力を持っています。

無添加石鹸 ”無添加石鹸”と呼ばれているものには、いくつか種類があることを知っておくことが 大切です。主に2つに分類することができるのです。 ひとつが、”低刺激性の無添加石鹸”です。この”低刺激性の無添加石鹸”には 界面活性剤の中で特に有害とされる合成界面活性剤や、防腐剤、 PH調整剤などの化学物質が無視できないほど石鹸に混合されているのです。 ”アトピー”や”敏感肌”などで悩んでいる人にとっては、微量とはいえ、これらの 化学物質が影響してしまう可能性も考えられるのではないでしょうか。



そういう意味では、もうひとつの種類・・”100%天然素材の無添加石鹸”であること が望ましいのではないかと思います。そもそも”無添加”であることに関心を持ち、 魅力を感じているのであれば、”100%天然素材”で作られていなければ無意味なこと 。”無添加”であることの魅力を持っているのは「100%天然素材の無添加石鹸」 なのだと思います。

無添加石鹸「おすすめの無添加石鹸」の特集はこちら。

自然派。複数の植物成分を活かした「洗顔用」無添加石鹸

天然素材 ”100%天然素材(植物成分)の無添加石鹸”の中にも 大きく2つの種類が存在 しています。ひとつは、「単一の植物」から抽出した成分(エキス)を主成分とした活用 しているもの。もうひとつは「複数の植物」から抽出した成分を”ブレンド(配合)”する ことによって創出された「石鹸」です。


前者の場合には、「特定の植物成分」の機能・効果に期待を寄せて作られるものであり、 その”植物成分・効果”に適した「使い方・使用用途」を様々な形で模索・検証していくと いった利用方法となります。
対して、後者(複数の植物成分活用)の場合には、利用目的(洗顔・シャンプーなど)を 先に設定した上で、その目的に適した”効果・作用”が期待できるようにと研究開発をして 生み出された”石鹸”ということになります。
ゆえに、”単一植物成分を主成分とした石鹸” の場合には、 ”植物成分自体の作用” が特色となり、”複数の植物成分を活用した石鹸”の場合には、 ”ブレンド(配合)技術とブレンド効果” が大切な要素となっているとともに製品の特徴となっているのです。

当サイトでは、お肌に安心な『洗顔』のための”石鹸”・・”アトピー”や”敏感肌”の人 にとってもお肌に優しい『洗顔』石鹸をご紹介いたいと考え、”複数の植物成分”をブレンド(配合) することによって生まれた”無添加石鹸”の中から、おすすめをご紹介したいと思います。

おおすめの100%天然素材の無添加石鹸「ショコラ・ド・バーン」

無添加石鹸



8種類の植物成分配合の無添加石鹸「ショコラド・バーン」


”敏感肌”などの方にとっても安心して活用できる『洗顔石鹸』として開発されたのが ショコラ・ド・バーン です。「洗顔」を意識して、お肌にとっていかに優しい石鹸が開発できるか・・そんな 思いの中、”8種類”の植物成分を活用して、最適な”ブレンド(配合)”を創出・・無添加石鹸 として生まれた製品です。


*エクストラバージンオリーブ
*アーモンドオイル
*パームオイル
*ココナッツオイル
*ホホバオイル
*ローズヒップオイル
*月見草油
*アボカドオイル
の”8種類”の植物成分がすばらしい”泡立ち”と”お肌への優しさ”を創出しています。


ここで、あえて記しておきたいのですが、”天然素材”=”全ての人にとって良い成分”という わけでは無いということは常に忘れないでいただきたい要素です。”天然素材”に限ったことではないのですが・・99%の人にとって良い効果が あるものであっても、残りの”1%”の人にとっては、良くない効果が出てしまうということもあるものです。基本的に 「天然素材と自分との相性」 が大切な要素である・・ということは忘れないでいただければと思います。


そういう意味でもまずは、ご自分との相性を確めるといった意味で、 ショコラ・ド・バーントライアル石鹸 という商品もありますので”お試し”から初めてみてはいかがでしょうか。


無添加石鹸「ショコラ・ド・バーン」の詳細・販売はこちらをご参照ください。

美容に役立つアイテム情報

化学成分は様々場面で健康・美容にとって問題要因となることが多々あります。 そういう意味で無添加石鹸は、 多くの人(敏感肌・アトピー肌・赤ちゃんなど)にとって安心して活用できるアイテム として人気が高まっています。友人への贈り物などにも最適なアイテムではないでしょうか。

”お肌との相性”を確かめる上で「素材・原料」の異なるものを比較

”天然無添加石鹸”を選ぶ上で大切なことは、自分の”肌との相性”を確かめるという ことです。基本的に人の肌は、それぞれ個性があるもの。万人向けの商品というのは、 どちらかといえば、あまり効果が期待できないもの・・といえるのではないでしょうか。 そこで「天然無添加石鹸の選び方」として、心がけておくと良いのが・・商品の比較方法。
”天然素材・原料”の異なる無添加石鹸同士を比較。検証する
ということが大切なのです。単に”メーカー”が異なる商品を比べたところで、使用 されている”素材・原料”が同じではあまり意味がありません。天然素材の違いによって、 自分自身の肌と相性の良いものが見つかる可能性が広がるのです。

”天然素材・原料”が異なる厳選「天然無添加石鹸」のご紹介。

先にご紹介した”ショコラドバーン”は、「植物オイル」を原料とした無添加石鹸です。 それとの比較検討をする上で、参考となる”異なる天然素材”を利用した無添加石鹸を 厳選してご紹介したいと思います。


◇国産馬油を使用、敏感肌向けの無添加石鹸「ヒーリングソープ一白桃」

石鹸

石鹸 食べられる(口に入れても大丈夫)ほどの安全性をコンセプトとして開発された のが、こちらの「ヒーリングソープ一白桃」です。近年美容成分として人気が 高まっている”馬油(マーユ)”・・しかも厳選した国産馬油のみを使用している のが人気の要素となっています。 有機JAS認定農場で栽培した沖縄月桃や、富山で農薬を使用せずに栽培したヘチマ水、 アルガンオイルなど13種類の自然成分を素材とした職人による手作り無添加石鹸です。

ヒーリングソープ一白桃の詳細・購入はこちら


◇天然塩(天然ミネラル)を素材とした無添加石鹸「タナカミネラルソープ」

石鹸

石鹸 いままでなかなか肌と相性の良い石鹸が見つかっていないという人におすすめした いのがこちらの「またいちの天然塩」を主成分・原料とした”タナカミネラルソープ”です。 九州・糸島半島で作られる「またいちの天然塩」は世界でも 珍しい竹を使った「立体塩田」で作られる塩です。 抽出できる量は、一日たったの20kg・・この幻の塩は、普通の食塩と比べてマグネシウムが41倍も含まれているのが特徴です。 手作りの塩だけが持つ”天然ミネラル”の力をたっぷり含んだもっちり泡で毛穴の汚れ をスッキリ落としながら・・肌をモチモチ、しっとりさせてくれる洗顔石鹸です。
※原料に「水解小麦末」は使用されてまいせん。

無添加・天然ミネラル100%のタナカミネラルソープ の詳細・購入はこちら